再生手術を受ける意義

昔と比べて、現在女性の処女性というものは尊重されなくなっています。しかし、中には処女膜再生という手術を受ける人がいます。処女膜再生を受ける意味は、人によって様々です。中には過去のトラウマ解消のために施術を受けるという人もいます。過去の経験やトラウマを解消するために施術を受けたいと考える人も多イイです。精神的な治療や自分自身の気持ちを前向きにするために行なうという人が多いです。また、性行為前に激しい運動やタンポンの使用で、傷ついてしまうということもあり、心配になって病院にいくと損傷が確認され、施術を受けるという人もいます。彼氏やパートナーが処女だと思っており、性行為の際に心ない言葉を言われるのが怖いという人が事前に、施術を受けることがあります。

処女膜再生の手術をうける人には、出産後夫との関係が冷めてしまし、セックスレスや夫婦関係の改善を目的としたという場合もあります。手術をうけることで新鮮な気持ちで性行為をすることができ、お互いの気持ちが近づいたということがあります。よりよい夫婦関係を取り戻したいために手術を受けるという人もいます。処女膜再生は、女性自身の気持ちを前向きにしていくために利用されることが多いです。また、パートナーとの関係を大切に思っているからこそ受けるという人も多く、カップルがより仲良くするための方法のひとつでもあります。手術をうけることで前向きに考えられるようになったという人も多く、コンプレックス解消にとても役に立ちます。

PICK UP

手術の手法

処女膜再生の手術には、プチ手術と呼ばれるものと縫合手術があります。プチ手術は粘膜のひだを細い糸で留めていくというものです。縫合は手術糸を利用したものとレーザーを利用した物があります。

病院を選ぶ

処女膜性手術は美容関連の施術が行われているクリニックで受けることができます。全額自己負担になるので、費用がいくらかかかるのか知ることが大切です。インターネットの口コミを参考にすることができます。

医師を選ぶ

処女膜再生手術を受ける際には慎重に病院や医師を選ぶことが必要です。ホームページには、過去の症例や手術実績、医師の経歴等が記載されています。また、カウンセリングの対応でどの程度技術があるか知ることができます。